専業主婦だけど仕事がしたい!わたしの仕事失敗談!

ライフスタイル

結婚して子供2人を授かりました。

そして幼稚園に入ったころから周りがどんどん働き始めました。

専業主婦だけど仕事がしたい!

周りの人たちが働き始めたというのもありますが子供が学校に行っている間に働けたらいいな。と思うようになってきました。

ただわたしの場合は近くにどちらの両親もいなくて誰も頼れず夫も仕事で帰りが遅くて頼れません。

仕事の面接に行くと子供が熱を出したらおばあちゃんに預かってもらえるの?と平然と聞かれたことを覚えています。

預かってもらえる人ばかりではないです。

わたしの場合は特にかもしれませんが家庭の事情で出産時も手伝ってもらえず実家にも帰れませんでした。

結局は上の子供が小学校高学年になったころにやっとパートをはじめました。

仕事の失敗談!

病院の受付の人になる

病院の受付の仕事で時間は午前中の3時間でした。

さっそく応募し面接で日曜日は休みで土曜日も交代だから大丈夫ということでした。

勤めてみるとほとんどの土曜日は出勤してくださいと言われ、午後までの勤務がないため休憩がないのですが毎月おかし代を1000円払わせられました。

仕事自体は頑張っていたのですがやっていないことをわたしのせいにされたりなど理不尽なことがあり辞めることにしました。

理不尽なこととは出勤したばかりなのにカルテを間違って出していると言われわたしのせいになっていたことです。

出勤したばかりで何も触っていないのにです。

これは2度くらいあり他にもわたしのせいにされたことがありました。

自分がやっていないのに押し付けられるのは困ります。

後からわかったのですがこの病院は職員の出入りが多く長く勤めている人が少ないということでした。

1年くらい勤めましたが失敗です。

パソコンを教える人になる

その後パソコンくらいできなくては。と思いパソコンを習いに行ったのが講じてそのままパソコンを教えることになってしまいました。

内容は初心者向けにパソコンを教えるもので1日5時間で週に3日くらいで5年勤めました。

もっと勤めたかったのですが経営状況が悪くなり閉鎖することになりました。残念です。

洋品店の店員になる

次は洋品店が新規オープンするというので応募しました。

パートは遅番もあるのですが面接で週に1回の遅番だから大丈夫と言われましたが、勤務してみると週3回もありました。

遅番は午後8時までです。しかも閉店後にもサービス残業があり終わるのが午後9時ごろで遅いときには午後11時ということもざらにありました。

みんながやっているので早く帰れなくて困りました。

頑張ってやっていましたが疲れてしまったのと家庭にも影響があり1年くらいで辞めることになりました。

よくよく考えると遅番の日は朝5時くらいから家族のお弁当作りや家事もして夜ご飯の支度をして出勤し、家に着くのが夜の午後10時すぎが普通でしたので疲れもたまりますよね。

夜遅くに帰ることになり家族にしわよせがきてしまいました。これも失敗です。

専業主婦に戻る

その後は夫に「必要以上に疲れたりタダ働きの残業がある仕事はやめたほうがいい」と怒られてしまい専業主婦に逆戻りです。

こんなに失敗している人もめずらしいのかもしれませんよね。

いろいろ考えると面接で大丈夫と言われても、実際に勤務してみると条件が違うところばかりです。

実際に勤務してみないとわからないということですよね。

そして世の中のみんなはうまく勤められているのに、自分はどうしてできないのだろう?自分が悪いのだろうか?と悩みました。

また新しいところに応募し勤務することは精神的にも疲れます。

その割にがんばっているのかな?とも思うのですが結果がついてこないのがつらいです。

やっぱり専業主婦でも仕事がしたい!

こんなに失敗ばかりでお恥ずかしいのですがパートやアルバイトの仕事をみつけて仕事がしたいと思っています。

少しでも家計の負担を減らしたいです。

おかげさまで子供たちが大きくなり時間の都合はつくようになりました。

正直にいうとまた失敗したら?という不安はあります。

  • 今度は大丈夫だろうか?
  • また条件が違うのだろうか?
  • 続かなかったらどうしよう?

でも勤務してみないとわからないですよね。

アラフィフのおばさんですがあきらめないで頑張って探したいと思います!